商品一覧

がん予防メディカルクラブ まもーる

がんの早期発見をサポートする会員制メディカルクラブ

がん予防メディカルクラブ まもーる

プリベントメディカル株式会社提供の「がん予防メディカルクラブ まもーる」の代理店業務。話題の天然アミノ酸ALAを用いたがんリスク評価でがん予防対策。

自宅に居ながら安価でおこなえる最新のがん予防

プリベントメディカル株式会社

ジィーウェイはプリベントメディカル株式会社が提供している「がん予防メディカルクラブ まもーる」の取扱代理店です。

がん予防メディカルクラブ「まもーる」にご加入いただくことで、がんの早期発見をサポートする様々なサービスを受けて頂くことができます。

まもーる 3つのサービス

その中の1つとしてがんリスク評価「Noah(ノア)」を提供しております。がんリスク評価Noahはいま医療・健康業界において注目を浴びているALA(アラ)を利用した検査で、尿中のがん細胞由来陳謝物と酸化物質を調べることで、がんのリスク評価をおこなうことができます。

尿検査による検査なので注射や痛みは伴わず、採取した尿も専門契約をおこなっている配送業者に自宅でお渡しすることで当サービスの指定医療機関へ届けれることから、すべての作業を自宅にいながら簡単にがんのリスク評価をおこなうことができます。

またNoahは、肺、大腸、胃、肝臓などの特定の部位のみの検査ではなく、部位を問わない様々な箇所のがんリスクのチェックをおこなうことができます。

自宅でカンタン検査3ステップ

2人に1人が発病する国民病「がん」と、健康診断で見つからない現状

mamoru_img05

日本ではがんを発症される方、またがんによって亡くなる死亡率は年々増加しています。現在では2人に1人ががんになり、3.5人に1人はがんで亡くなられている状況です。

要因としては高齢化以外に、早期発見の環境が整っていないこと、健康診断に過信しすぎていることが考えられます。

そもそも健康診断とは病気の危険因子があるかどうかを確認するためのものであり、特定の病気を発見するものではなく「生活習慣病の予防」を目的とした検査にあたります。「健康診断を毎年受けてるから大丈夫」、という考えは過信でしかないと言えるでしょう。

がんの早期発見としては胃バリウム検査やPET検査、マンモグラフィー検査などの「がん検診」をおこなう必要がありますが、時間が掛かる、苦痛を伴う、数十万円と費用が掛かると言うハードルの高さがあります。それにより多くの方のがんの早期発見が遅れている状況があり、先進国の中で日本のがん検診率は国際的に見ても低い値となっています。

事実がんは早いステージで治療できれば生存率が高い病気です、胃がんの場合ステージⅠでの5年生存率がは97.2%ですが、ステージⅣとなると7.2%と一気に低い数値となります。またがん検診率の高い米国、欧州などではがんの発症率、死亡率は年々減少している傾向があると言われています。

全国がんセンター協議会加盟施設における5年生存率

天然アミノ酸ALAで最新のがんリスク評価を安価で簡単に実現

mamoru_img07

ALA(アラ)とは動植物すべての細胞に必要な天然のアミノ酸で生命の根元物質とも言われています。最新の研究で、ALAは正常組織では生命維持に必要なヘムという生体物質の材料になりますが、がん細胞では、ヘムを作る機能が損なわれ、ポルフェリン代謝物として蓄積されさらに関連代謝物が尿として排出されることがわかりました。

この作用を使い、ALAのサプリを飲んだ後の尿を検査をすることでがんのリスク判断をおこなうのががんリスク評価Noahとなります。

またNoahの検査では大きながんのみならず、症状として発症する前の小さながんの早期発見をサポートすることができます。

自宅ですべて完結でき、安価で苦痛もなくおこなえるがんリスク評価Noahは、多くの方のがんに対する不安を安心に変えることができるサービスです。

サービスの詳細ページはこちら

がん予防メディカルクラブまもーるの詳細はこちらから

社員等の福利厚生に使える法人・団体の契約割引もあります。お気軽にご相談ください。

ページ上部へ戻る